夏のおもてなしタンブラー


   風薫る庭先で、一杯


5月も半ばになり、すこしずつ夏めいてきました。

初めましてとさようならの春が過ぎ、新しい環境にようやく慣れてきたという人も多いと思います。

ゆったり穏やかな時間が増えてきたなら、
これからお世話になる人を食事に誘ってみるのはいかがでしょう。

深まる緑と白いタンブラー。
食卓にすずしげな彩りを。
 

今回は、夏のおもてなしにぴったりのタンブラーをご紹介します。





 

   koi koi koi


    


こちらのタンブラーは「鯉」をモチーフにしたデザインです。よくみると尾ひれが水の中でひらひらと舞う姿が見えてきます。

鯉には登竜門としての意味もあり、これからの飛躍を象徴する絵柄になっています。

内側は汚れにくいように釉薬を厚めにかける工夫を施しています。お花を生けてもきれいですよ!




 

   カソケキモノタチ


    


SIONEの第一章「カソケキモノタチ」シリーズは、海の奥深くの最初の生命、微生物のモノガタリ。

このタンブラーには、その最初の生命が誕生するシーンが描かれています。まるで、ちいさな生き物たちが息をしているよう。

ゴールドで描かれたそれぞれのモチーフをつなぐ、白いつぶつぶは釉薬で一つ一つ盛ってあります。





 

   RIN RAN


    


SIONEの第二章「RINRAN」シリーズは、前コレクション「カソケキモノタチ」の続きにあたるもの。

舞台は海から陸の上に上がり、植物達が繁栄するモノガタリ。植物達が、みずから蝶を生み出そうとしているシーンが描かれています。

繊細に描かれた葉脈の一本一本からは、儚くも強い生命の息吹を感じます。




 

    フレンチから和食まで




中華料理に韓国料理、イタリアンなど。
料理の雰囲気にあわせてグラスをそれぞれ用意するのって意外と大変ですよね。
その点、白地のタンブラーならどんなお料理のお供にも合います。

前もってグラスを冷やしておけば、普段のお食事のビールやワイン、冷酒にもお使いいただけます。

ゴールドやプラチナのお色は、食卓に心地よい華やかさを演出してくれますよ。




 

   ギフトにもおすすめ


  

さらに、セット商品はすべてギフト専用に梱包した状態で配送いたします。
金箔で押されたブランドロゴが上品なブルーグリーンのボックスは、SIONEオリジナルデザインです。

ふたつセットになっているので、お客さま用だけでなく、恋人同士や夫婦で使うのにもおすすめです。




当該商品

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

3商品中 1〜3商品


 

  SIONE について

                          
 

  

伝統をモノガタリのあるかたちへ

SIONEは京都や有田、波佐見などの土地に昔から伝わる職人技術を組み合わせ、現代に向けて「茶の湯」のもてなしになぞらえた商品を展開、発信しているブランドです。
ロクロ職人、型屋、鋳込み職人、転写師などの伝統的な技術と九州でとれる質の高い磁土を用いて作られて器たちは、京焼でも有田焼でもないあたらしいMade in JAPANです。
 

二種類の絵付け

ブランドディレクターである河原尚子がデザインしたものをSIONEの職人の手でひとつずつ手書きをする「ハンドプリンテッドライン」と、図案のデザイン後、版をおこし「転写」にて作成する価格とデザインに重きをおいた「オリジナルライン」。SIONEではこの二種の製法で展開しています。
 

まるで本を読むような器

例えばひとつの小説を読み終えたときの余韻のような。例えば特別な洋服に袖をとおしたときの高揚感のような。
「読む器」をコンセプトに、物語を紡いだSIONEの器はあなたの生活を非日常に切り替えます。